高級感のある新鮮な食品

内祝いの品を選ぶとき、あとに残らないもの、いわゆる「消えもの」を贈りたいと考える方もいるでしょう。残るものは趣味に合わなかったり、あまり使わなかったりした場合、なかなか扱い辛いだろうとイメージできるからです。そんなときには、高級感のある生鮮食品を贈るのも1つの方法です。例えば贈答用の高級食材としてポピュラーなのは和牛です。ギフトの選び方としてよく挙げられるのが、自分では普段なかなか買わないものが良いというものです。値段が高くて上質な和牛は、普段頻繁に買うことはありません。まさにギフトの選び方にぴったりの商品ではないでしょうか。ほかには、メロンやぶどうなど、高級なフルーツを贈るのもおすすめです。

バラエティ豊かな商品が掲載されているカタログギフト

何を選べば良いのかわからないという場合は、カタログギフトを贈るのもおすすめです。カタログギフトには雑貨、アパレル、日用品、食品など、バラエティ豊かな商品が掲載されています。受け取った側が自分の欲しい商品を自由に選べるため、受け取った側の好みから外れることがありません。カタログから商品を注文するまでおおよそ数ヶ月から半年ほどの期間が設けられており、受け取った側がゆっくり商品を選べるという利点もあります。

また、カタログギフトはさまざまな価格帯のものがあり、予算に合わせて選びやすいという特徴もあります。加えて、特定のブランドのカタログや、特定のジャンルの商品を集めたカタログなど、カタログ自体の種類が豊富であるということもメリットでしょう。