自分で選べるカタログギフト

結婚祝いは、結婚式に参加できない人が渡すものです。相場は、式に出席する場合の3分の1程度と言われています。友人が式に参加したときのご祝儀の相場が30,000円くらいなので、10,000円くらいの結婚祝いをいただく機会が多いことになります。そのため、半返しか3分の1程度のお返しをするのが一般的な結婚内祝いでは、3,000円くらいのものを贈ることになるでしょう。 このとき相手の好みを知っていたら贈りやすいですが、3,000円くらいだと何が贈れるのか、どんなものが喜ばれるのか迷ってしまいますよね。そういうときは、自分で選べるカタログギフトがよいでしょう。3,000円は安く感じますが、カタログギフトには普段自分では買わないようなハイクオリティなお菓子・調味料・お肉などがあり、食べ物以外にはおしゃれな食器や雑貨なども取り揃えてあります。種類が豊富なので、気になる商品を見つけることができるでしょう。

使い勝手がいい生活必需品

カタログギフトも魅力的ですが、内祝いには「幸せのお裾分け」という意味があるため、自分で選んだものを贈りたい人もいるでしょう。相手の家族構成や好みを考慮したうえで、使い勝手がいい生活必需品を贈るのも一つの方法です。3,000円あれば、ホテルで使用されているようなふかふかのタオルや洗剤詰合せセット、いつもの料理をワンランクアップさせる高級な調味料などを贈ることも可能です。相手が料理を作ることが好きな人なら便利でおしゃれなキッチンアイテムもいいですし、お風呂に入ることが好きな人なら入浴剤やボディーソープなども喜ばれるでしょう。このようなことを参考に相手が喜びそうなものを選び、幸せのお裾分けをしましょう。