10,000円の結婚内祝いを贈るケース

結婚内祝いというのは、結婚祝いを贈ってくれた人に対して返礼の品を渡すというもので、身近な人々と幸せを共にするという意味合いが込められています。その相場は、もらったお祝いの品の金額の半額程度にするのがマナーとされていますので、10,000円相当の結婚内祝いを贈るのは、20,000円程度のお祝いの品をくれた人ということになります。それくらいの金額の品物をくれるのは、上司などの目上の人や親戚などが多いため、そういった人々に贈る結婚内祝いの品は、普段であれば自分で購入しないような少し上等のものにすると良いでしょう。お酒好きの人であれば稀少な日本酒やワイン、そうでない相手には高級タオルセットなどの普段使いができるものがおすすめです。

相手に喜ばれるものを選ぼう

このように、結婚内祝いは相手に喜ばれるものを選べば良いので、特にこれでなければならないという決まりはありません。もっとも、普段はそれほど付き合いがないため、相手の趣味や好みが皆目見当がつかないというケースもあるでしょう。そのような場合には、カタログに掲載されている品物の中から自分で好きなものを選べるカタログギフトを贈るというのも一案です。親しい間柄であれば、相手に品物を選んでもらうというのはあまり望ましくありませんが、そうでなければあまり気にしなくても問題はありません。また、カタログギフト以外ということであれば、より幅広に使ってもらえるギフトカードや百貨店の商品券にするというのも良いでしょう。